逆境を乗り越えるキーワードはこれ

心の操縦法

コロナが私たちに与えた影響。

世界中がこの苦境を乗り越えようと

奮闘してますよね。

そんな中でも、こんなアイデアが。

 

独自マスクを「制服」にした保育園、子供も親も喜ぶデザインとは
全国で保育・教育施設などを運営するポピンズ(東京・渋谷)は、保育士などスタッフ向けの独自マスクを作り、「制服」として採用した。既存の制服と同じ生地で作り、白いマスクに比べて統一感を出すことで、子供たちに安心感を与えることが狙いだ。

 

想像以上にストレスになるマスク生活。

それを逆手にとってプラスに変えている。

この事例自体はちょっとしたことかもしれないけど、

逆境ともいえる状況を乗り越えるヒントだなと。

それは、

逆境を面白がる

こと。

逆境に直面した時の思考法を考えます。

 

逆境への向き合い方 2020

「ピンチはチャンス」

「すべての出来事は必然と考える」

「すべては学びである」などなど。

逆境に負けないためのマインドセットは古くから

言われてますよね?

もちろん、おっしゃる通りです。

でも、これだとなんとなく修行的なイメージだと

思いませんか?

「人生は修行である」「一生学びである」

そうとらえると、逆境がものすごい壁に思えてきて、

どうしても問題を深刻にとらえがち。

そもそもそれを逆境だと考えること自体が重い。

この状態ではなかなか現状から抜け出しにくいです。

 

マスクを「制服」にした保育園は、

きゅうくつなマスク生活を

「マスクのコンペをしよう」という提案で

イベントに変えてしまった。

「面白がる」とクリエイティブな発想を生み出します。

まさに新しい価値観が必要とされる

これからの時代にはぴったりな考え方です。

逆境は必然、学びという重苦しいとらえ方の

一歩先をいってますよね。

 

逆境は面白がるものと決める :まとめ

人間は本来、クリエイティブな生き物だから、

一見ネガティブに思える現象に対しても

「どうしたら面白くなる?」と考えるうちに

いろんなアイデアが生まれてきます。

 

落ち込んでもいいけど、

ある程度落ちたら「この状況を面白くするには?」

と思考を変えてみる。

そうやって問いを投げておくと、

脳が活性化して答えを見つけようと動き出します。

 

そんなことを言っているうちに、

マスクの活用法、思いつきました。

日ごろ言いたいけど言えないこととか

自分の仕事のモットーとかを

マスクに文字をのせて表現したらいいんじゃないかと。

「もう少しお手やわらかにお願いします」(厳しい上司に向けて)

「会議はサクッと終わらせませんか?」

「即断即決がモットーです」

みたいな感じで・・・

「マスクのデザインで自己表現」の進化版ですw

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました