すぐ謝るクセがいろいろとまずい件

すぐ謝る人 人間関係の泳ぎ方

企業や有名人が不祥事で謝罪会見してるのを見ると、

謝るっていう行為は

どれだけ意味があるんだろう?

なんて思ったりします。

自分の非を認めることは必要だと思うけど、

謝ることがポーズになってしまうと

  • 相手の攻撃をただかわしたいという意図が印象を悪くする
  • 自己成長を妨げる原因になる

自分自身の反省も含めて、考えてみたいと思います。

 

謝れば許されるという自動思考

子供のころ、こんなことありませんでした?

親や先生なんかに叱られて、

「ほら、ちゃんと謝んなさいっ!」

と、謝ることを促される。

「ごめんなさい」

と言うと、周りの大人は

「そうそう、ちゃんと謝ればいいんだ」

と納得する。

ここで、自分としては謝る気持ちがなかったとしても

謝っておけばその場をしのげると思うようになる。

深く考えずにすぐ謝るクセは

こんな体験から生まれるのかなと。

大人も、すぐに謝ることを促す前に

どうしてこういう結果になったのか、

じっくり聞いた方がいいんじゃないでしょうか?

謝るという行為が大事なんじゃなくて

この先同じことにならないように

学ぶことの方が重要なんですよね。

 

かくいう私も、安易に謝って思いっきり

怒られたことあります(汗)

 

設計の仕事をしていた時のこと。

私の設計が複雑すぎて、職人さんにかなり面倒な作業を

強いることになってしまい、

「すみません、大丈夫ですか?」と言ったとたん、

「大丈夫じゃねえよ!!」と

ビスを投げつけられました・・・

軽々しく謝るもんじゃないな、と思った次第です。

謝って許してもらおうとする前に、

自分が迷惑かけた分、できることをさがして

行動すべきだったんです。

お灸をすえられた一件でした。

 

謝ることは自己成長を妨げる

謝る行為のすべてというわけではないけれど、

謝るというのは、

「これくらいしかできないけど

私だって頑張ってるから許して」

みたいな感じで自分の今の状態を

正当化してしまうことにもなりかねないなと。

謝って許してもらえば、これ以上やらなくてもいい。

そんな気持ちが隠れているのかもしれません。

もし、謝っても絶対に許してもらえない状況だったら

やるしかないわけです。

そう考えると、すぐに謝るクセをやめたら、

逃げ道を断つことになって自分を成長させることが

できるんじゃないでしょうか。

 

反射的に謝る前に、逃げになってないか考える

他人から受け入れられないのは嫌だと

誰だって思いますよね。

だからこそ、謝ってしまうんですが

無意識のうちに謝る前に、

謝ることでラクになると思ってないか、

どうしたら今後同じことにならずにすむか、

もし謝っても許してもらえない、

謝ることが通用しないとしたら?

・・・

ちょっと思いをはせるだけでも

謝る姿勢が変わるかも、と思います。

 

ではまた!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました