権威性に振り回されるのは自分を殺すこと

権威性 心の操縦法

アメリカのマーケティング会社の調査結果が驚きでした。

営業マンの信頼度はたったの3%

 

確かに初めて会ったお客さんに信頼してもらうのは

難しいですよね(私も営業だったんでかなりしごかれました)。

売り込まれるんじゃないかと構えられてしまって

聞いてもらえる状態じゃないですから。

 

一方で、最も信頼性の高いのは、医師。

医者の言うことはほとんどの人が信じるんです。

 

「何を言うか」ではなく「誰が言うか」が大事。

これこそ権威性のなせる業です。

 

でも、権威性によって、自分の感覚や判断を

狂わせる危険があるんです。

① 権威に騙される

② 権威になろうとする

この2点について考えていきます。

 

権威に騙されることで失うもの

医者や先生などの、専門知識をもっている

教える立場の人に対しては、

多くの人が無条件に従っています。

もちろん、専門家なのでその分野での知識や

経験が豊富。だからこそ頼るのですが、

いくら専門家でも言ってることすべてが

適切とは限らないですよね?

医師にこう言われたからと妄信してしまうと

自分自身の意志や感覚を無視することになります。

完全に医師のいいなりになってしまうわけです。

 

でも、本来人間は自分で意志決定したい生き物です。

権威にただ従うだけの受け身な姿勢は自分を

ぞんざいに扱っていることになるし、

「自分で決めてない」という思いが自己信頼を

失わせるんです。

そして、自分では判断ができない、

自信がないという気持ちが大きくなって、

さらに権威に頼るようになってしまいます。

 

なので、

権威ある人の言うことをうのみにするのではなく

「自分はそのアドバイスを主体的に選択するのか?」

と考えてみる。

そうすれば、権威に騙されることは

なくなるんじゃないでしょうか。

 

権威になろうとがんばらない

権威性を獲得することで信頼を得ようとする。

等身大の自分で得られた信頼なら

問題ないと思うけれど、

権威性は意図的に演出しようとすると

これまた自信を失うことになりかねないです。

SNSでも幸せアピールが氾濫してますよね。

私はこんなに人生うまくいってます、

というような投稿を続けることで憧れの対象になって

ファンを増やしているのでしょうが、

素の自分との乖離が激しくなると

いずれ破綻します。

ビジネス上で自分のキャラを作るという意図も

あるんでしょうが、

芸能人の方が自害したりするのも

世間に認知されてる自分と素の自分の乖離が

原因のひとつなんじゃないかと。

自分を盛り続けるのは疲れます。

自然体でいきたいものです。

 

権威性を妄信しない :まとめ

専門知識がある職業についている人や

ビジネスで大きな成果を出している人の言うことなら

間違いないだろうと考える。

だからこそ、自分も権威性を作れば

影響力のある人間になれると思ってしまう。

どちらも自分の外側にある基準に振り回されてます。

そこに意識を向けている限り、

真の納得感は得られないんじゃないでしょうか?

 

素の自分で生きるのがこれからの coolな生き方です!

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました