資格ランキングに意味はある?

ランキング ネオ・仕事観

スキルアップを考えた時にまず思いつくのが

資格取得。

人気資格ランキングなんかもよく見かけますよね。

ただ、資格を取ろうと思ったとき、

なぜランキングを見るんでしょう?

ランキングで目指す資格を決めようとする心理には

損得が絡んでいる。

今日はこのことを掘り下げます。

 

本当に必要な資格はランキング関係なく取得しようとする

資格がないと仕事ができない、という場合は

まずその資格を取らないと始まらないですよね?

たとえば、田舎暮らしで自動車免許ないと困る、とか

どうしても医者になりたいから医師免許を取るとか。

目的意識がはっきりしてる場合は即その資格を使います。

まあ10年先には自動運転やら医療の自動化で

免許がいらなくなる可能性もありますけどねw

いずれにしても、先に必要性ありきの資格取得なら

ランキングは関係ないということです。

ついでにいうと、

趣味とか学ぶこと自体に快感を得られるという理由で

資格を取るのなら、

自分が興味を持った分野の資格を選択するので

やはりランキングは必要ないということになります。

 

「資格さえあれば…」という考えは危険

問題なのは、資格を取ったら評価が上がるんじゃないかとか

将来有利だから、というような理由で資格を取ろうと考えてる場合。

 

資格ランキングは、世の中のニーズや将来性、難易度などの

総合評価ではじき出されてますが、

その資格の適性が万人にあてはまるわけではないですよね?

だから、自分には向いていないということも十分あり得る。

で、もしランキングでおススメされていた資格を取ったとしても、

ランキング上位の資格というのはほかにも

その資格を持っているライバルがたくさんいるってこと。

そして、そもそも資格を取る動機が

「他人の評価を上げるため」

「将来の安心のため」

ということは、現在の自分を

「他人からの評価がもっと必要」

「信用がない」

「今の生活が不安」

という状態だ、と認識してるということですよね?

何かを付け足さないとダメな自分(ここでは資格)

と脳が解釈してるので、

めでたく資格を取っても不安は解消しません。

そして、まだ足りない!となってまたほかの資格を取ろうとする。

最終的には資格がずらりと並んでるけど、

いったい何屋さん?ってことにもなりかねない。

そして、難易度の高い資格を選んでしまった場合。

その資格を活かしてこうなりたい、というビジョンがないので

資格を取得する前に挫折してしまう可能性も。

ランキングで有利な資格を選んだつもりでも、

最後は自分のコンディションしだいってことです。

 

資格ランキングを気にする必要はない :まとめ

どの資格が人気なのか、そして将来性があるのか。

もちろん仕事上持ってると有利な資格といわれてるものも

あります。

でも、まずは資格を取ろうと思った動機をよく考えてみるのが大事。

損得や他人の評価をメインに決めようとしてないか?

それは今の自分の不安を解消する手段になってないか?

せっかく自分に投資するなら、自分が喜ぶ選択をしましょう!

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました