職場の人間関係なんてクソくらえ!

職場の人間関係 人間関係の泳ぎ方

職場のストレスの原因の代表格は人間関係のストレス。

そう言い切ってもいいくらい、

職場の人間関係は悩みの種ですよね。

頭の固い上司、あざとい同僚、全然動かない部下・・・

それ以外にも、足の引っ張り合い、

停滞感ハンパない、オワコンな雰囲気などなど。

 

職場のコミュニケーションを円滑にするためには、

あいさつだ、感謝を伝えるだ、陰でほめるだ、

まあいろいろテクニック的な情報出てますが。

 

そんなことやれと言われても、

気持ちなんて入るわけないじゃん!!

 

職場の雰囲気を自分から変えていこうとするのは

すばらしいですが、討ち死にする確率結構高いです。

 

そんな、職場の人間関係で神経をすり減らす毎日から

解放されるための作戦を考えていきましょう!

 

その職場に骨をうずめるのか?考えてみる

もし、今の職場に定年まで勤めると決まってたら

どうですか?

いや、もっと言うと、3年後まだ今の職場にいるとしたら?

 

そんなの絶対耐えられない!

人間関係で消耗しきって人生終了。ちーん。

 

そう思うなら、職場で偽りの笑顔を作るエネルギーを

次のフィールド探しに回しましょう。

 

「そうはいっても生活が・・・」

「転職できるかわからない・・・」

と弱気になりがちですが、

ここでめげてはあなたの人生を棒に振ることになるんです。

職場の人間関係がよかったとしても、

会社の寿命なんてあてにならない今の時代、

一つの会社に長居するのは逆にリスクです。

なので、まずはいつまでに「おいとま」するか決める。

ゴールが決まれば延々と終わりのない我慢を

自分に強いることもなくなるので

気持ちがラクになります。

そして、

今の職場で自分はこれを身に着けた!というものを

確立しつつ、転職先を探す、もしくは独立準備です。

 

えーそんなこと言われてもムリだよ~

 

いえいえ、今の職場はもっとムリなんですから。

 

私もいくつもの会社を渡り歩き、

自分で立ち上げた事業も何度か撤退しましたが、

めげてませんよ。

そして、辞めて失敗したと思ったことはないです。

なぜかというと、

いろんな仕事の経験値を得られたから。

 

次の仕事にありつけなくてニートになるかも・・・

 

これも、世間体の問題だけなので、

人生をリセットするための期間にあてれば問題なし。

あの与沢翼さんだって、事業に失敗したときには

実家に転がり込めと言ってましたしね。

 

ちなみに私が薬局にいたときは、

生活保護受給者の方々がたくさん来られてましたが

なぜかほかの患者さんより元気な方が多かったです・・・

生活保護を推奨するわけじゃないですが

自分の気持ちを殺し続けて人生の貴重な時間を

ムダにするくらいなら、引きこもって充電してる方がましです。

 

人間関係の問題がパターン化してるなら、深掘りする

いちおう、ここでカウンセラーらしいことを一つ。

もし、

いつも上司に犬のように扱われる

同僚においしいところをいつも持っていかれる

女性社員にいつも距離を置かれる

など、これパターン化してるな、と感じるものがあれば、

それは自分の中にその現象を作り出すプログラムが

潜んでいます。

まずはそういう出来事が起きた時の自分の感情を

紙に書いてみる。

そして、過去を(できれば幼少時まで)さかのぼって

同じ感情を味わったことはなかったか、たどっていく。

たいてい、子供のころにパターンが作られているんです。

カウンセリングすると、子供のころの両親や兄弟との関係が

影響していることがほとんど。

これに気づくことで、これから先の人間関係で

同じパターンに陥るのをふせぐことができるんです。

 

職場の人間関係で悩む時間を未来の自分のために使う:まとめ

職場でうまくやっていくための処世術。

それを身につけたとして、

今の職場でそれを使って生き延びていくことが

本当に幸せなのか?

答えがNOなら、

まずはいつ辞めるか決める。

スキルを積み上げつつ転職または独立準備する。

ニート期間があっても問題なし。

同時に、パターン化した人間関係の悩みは

感情の深掘りをして過去、とくに幼少時の人間関係を見直す。

 

これからの時代、変化しないことのほうがリスクです!

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました