使えない部下に悩んだとき見えない世界で起きていること

使えない部下 ネオ・仕事観

部下が使えない、なかなかこちらの意図が通じない。

もしかすると、使えない上司に悩んでいる人もいるかも?

本当にご愁傷さまです・・・

自分の負担はどんどん増えるばかり。でも

当の部下は全く意に介していない様子で腹が立つ。

そんなとき、目には見えませんが、

エネルギー的にはこんな状態になってます。

 

自分が頑張るほど、周りの人間が「使えなく」なる

自分がここまで仕事を背負うのはおかしいと思いつつ、

頑張ってしまうのはなぜでしょう?

それは、前提として、

「自分がやらないと、誰もやってくれないから仕事が回らない」

「まかせるとロクなことにならないから」

などと思ってるからですよね。

相手に仕事を任せたところが思わしい結果にならなかった過去が

あったから、自分でやった方が間違いないと判断するのは

当然の流れかもしれません。

でも、相手のことを「使えない」と固定化して見てしまうと

相手は本当にこちらの思った通りにふるまい始めてしまいます。

これは、量子力学でも説明がつきます。

あらゆる物質は(もちろん生物も)意識してない時は

波の状態だけど、意識した瞬間に粒の状態になる。

信じがたいことですが、今座っているイスだって、

その存在を意識されてなければ波の状態でもや~っと

してるけど、イスがあると意識しているから物質化している。

ということは、「使えない部下」と意識した瞬間に

目の前の相手はそのような存在としてふるまう、というわけです。

 

そして、この世界は陰と陽のバランスが取れている状態。

あなたが頑張るほど、バランスを取るように

部下が「使えない」存在になる。

奇妙な実例ですが、大企業の経営者の子供が

引きこもりや精神疾患になっているケースが

よくあるそうです。(占い師の知人が

こういった相談をよく受けると言ってました)

 

さらに、あなたが頑張りすぎるのは、

「使えない自分」になることは許せないと思ってるから

かもしれません。

自分の中の「使えない自分」という可能性を

排除しようとすると、外側にそれが具現化してしまいます。

なので、

「使えない自分」になる可能性を受け入れる

ということがカギになります。

 

頑張りすぎる自分のアクセルを緩めてみる

このまま頑張りすぎた場合、

「本当は頑張らない自分も認めてほしい」

という思いがふくらみ、病気という手段を使って

頑張らない状態を強制的に実現させてしまうこともあります(怖)

そうなるまえに、

今までバランスを取ってくれていた相手に感謝しつつ、

少しずつ頑張りグセを緩めていきましょう。

「頑張らない、責任取らない」というタブーに挑戦です。

 

ではまた!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました