どうして自分の未来を信じられなくなるのか?

未来 心の操縦法

この先どうやって生きていったらいいのか?

特に今年はコロナの影響で今までの生活が激変して

先が見えない不安感にかられることも多いかもしれません。

未来は決まっていない。

それなのに、どうしてもいい方に考えることができない理由。

それは、

過去の自分を認めてないこと。

未来を悲観的に見なくてすむにはどうしたらいいか考えます。

 

不要な観念を植え付けられてがんじがらめの過去

人は成長する段階で、親や学校、

社会の価値観をバッチリ頭に叩き込まれます。

そのほとんどは、

何かを得るには何かをしなければならない、とか

○○できないとダメだ、というような

制限をかけるものばかり。

で、それができない人はどんどん自信を無くしてしまう。

 

できないこと自体が問題じゃないんです。

本当は、その「できない」ことは

ぜったいに「できないといけないこと」ではないにも

かかわらず、周りの対応を見て

「できない自分はダメなんだ」と思ってしまうのが

まずいんです。

たとえば、

クリスマスやバレンタインなんかのイベント時に

特定の相手がいないことを気に病むとか。

はっきり言って、こういうイベントで

相手と過ごすという設定は、

何かを売り込みたい企業がでっち上げたもの。

もうね、まんまと乗せられてることが

あまりにも多すぎるんです。

そして、仕掛けられてることに気づかずに

過去の自分にマイナス点をつけていくことを

繰り返しているわけです。

たとえ、親や学校などで言われたことであっても

それが自分に合っているかは別問題。

子供のころであれば、

周りに言われたことを何の疑いもせずに

自分の信念として取り込んでしまうのは

仕方ないことですが、

自分から自信を奪っていた観念とは

縁を切りましょう。

 

過去オールOKにすることで未来に確信が持てる

「~するべき」「~してはいけない」「~は悪いこと」

というような、

聞くと緊張や息苦しさを感じる観念。

自分の体験をジャッジして、自信を失わせる

こういった観念で傷だらけだった過去。

これが未来を信じられない原因です。

今の自分が過去の自分にバツをつけているとしたら、

未来の自分も今の自分にバツをつけることになります。

「あの時の自分(今の自分のこと)が○○だったから、

今の自分(未来の自分のこと)がこんな状態なんだ・・・」

これが延々と繰り返されます。

そうすると、いくら時間が過ぎても

自分に〇をつける日はやってきません。

 

逆に、過去の自分に〇をつけるということは、

未来の自分から今の自分に〇をつけることになるわけです。

不要な観念によって、自分の過去にバツをつけていた

ことがわかれば、もう過去が黒歴史ということには

ならないですよね。

どんな過去でも、今につながる貴重な体験だったと

思えた時、未来への不安は薄れていくんです。

 

過去のとらえ直しをする :まとめ

未来に不安を感じているのなら、

まずは自分の過去にバツをつけていないか

振り返ってみる。

そして、なぜバツをつけていたのか考えてみる。

バツをつけていた観念・思い込みを見つけたら

それを手放して過去に〇をつけ直すと、

自分に対する信頼感が増して、

だんだんと未来に光がさしてきます。

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました