紙に書くと目標達成できるのか?長期目標の場合。

長期目標 可能性拡張

目標を紙に書くと叶う。は本当か?

今回は、今の現実とギャップがある目標だったり

時間的にずっと先の目標だったりした場合です。

ちなみに短期目標についての記事はこちら

紙に書くと目標達成できるのか?短期目標の場合。
目標を紙に書くと叶う。 自己啓発系の書籍とか、動画なんかで よく言われてますよね? ① タスクに近い目標は叶いやすい ② 今の現実とギャップがあるものは叶いにくい 当然と言えば当然なんですが、 目...

 

感覚的に、これは時間がかかりそうだとか、

今の状態から考えると難しそうだな、

遠い感じだな、と思うような目標。

これは紙に書いてもなかなか叶いづらい。

 

え~それはないよ~

と思うかもしれませんが、

理由はもちろん、実は叶わなくても問題ないと知れば

安心できます。

 

目標を掲げるのは今の自分の否定

目標を達成したい。

でも、今の自分はその目標からはかけ離れている。

そうなると、本音の部分では、

「こんな目標、叶うはずない」

と思ってしまう。

たとえば、

「資産10億円になる」という目標を書いたとする。

すると、たいてい「そりゃあ無理でしょ」

と反射的に思ってしまう。

そして、書いた紙を見るたびに、

「今の自分は資産10億円じゃない」

という認識を繰り返すことに。

そもそも資産10億円ある人が

「資産10億円になる」とは書かないですよね?

すでにその状態だったら、

紙に書く必要なんてないわけです。

目標を紙に書くという行為は、

脳に「現状はそうではない」という認識を

植えつけて、強化するだけ。

こうして、自己否定に入ってしまうと、

「今こんな状態なのに

そんな目標達成できるはずない!」

という意識に支配されて、叶わない結果に終わるんです。

今の自分も不幸だし、未来も暗い・・・

 

目標達成=幸せとは限らない

そして、ありがちなのが

「世間的に見てよさそうな目標」に囚われているということ。

年収いくらになる、とか

いくつまでに結婚する、とか

○○の資格を取る、とか。

それ、ほんとにあなたの望みなんですか?ってことです。

自分の本当の望みでない場合、

いくら頑張って目標を紙に書いても

全然叶いません!

本心の自分、潜在意識が全力で拒否ってますから。

私もあります。

とあるネットワークビジネスに誘われて

エントリーしたときの話。

とりあえず目標立てましょう、って

アップの人に言われて、

あんまりピンとこないな~と思いつつ、

とりあえず「傘下を50人作る」とノートに書いたんです。

そして、ことあるごとにノートを見返すようにもしてました。

誘ってくれた人に悪いな、、、という気持ちで

しばらく目標にこだわってみたものの、

どうしても行動する気が起こらない。

当然、一人も誘えずに終わりました・・・

そこまでそのビジネスを本腰入れてやる気はなかったんだと

今ならはっきりわかりますし、

無駄に時間を割かないでよかったとも思ってます。

これ、下手に傘下50人も作っちゃったら

責任重大ですよね?途中でやめたいとも言えなくなる。

いつわりの望みに縛られることを考えたら、

ポシャって正解です。

 

本心から願っていることでないと、叶ってしまったら

逆に不都合なことが起きる可能性もあるわけです。

 

目標が別の可能性を閉ざしてしまうことも

そして、目標を紙に書いて、いつもそれを意識していると、

どうしても視野が狭くなります。

その目標に関係のないことは目に入らなくなるので、

自分にとって、本当は価値のある情報だったり

出会いだったりしてもスルーしてしまいがちです。

復縁を望んでいて、

実はもっと自分に合う人が身近にいるのに

全然気づかないまま、ずっと過去の相手にしがみついてしまうとか。

あまり目標に固執しすぎて、

この目標を達成しないと幸せになれない!

と限定してしまうと、チャンスに気づかないことも。

未来は方向性だけゆる~く考えておきましょう。

 

目標を紙に書くより今の自分を満たす:まとめ

今の自分とギャップのある目標の場合、

紙に書くと「今はそうじゃない」

と現状の自分を否定することに

そもそも

  • その目標が未来の自分にとって最適解かはわからない
  • 目標に固執すると別の可能性に気づきにくくなる

ので、まずは目標から距離を置いて、

自分にゆとりを持たせる。

何とかしなきゃと力んでない状態こそが

今の自分と未来の自分の幸せです!

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました