「~ねばならない!」その努力は本当に必要?

ルールは手放していい 心の操縦法

学校行かないと将来が・・・

仕事しないと生活が・・・

結婚できないと、子供産まないと・・・

他人には優しくしないと・・・

毎日がやらなきゃいけないことでいっぱいいっぱい。

些細なことから人生の大きなイベントに至るまで、

「~ねばならない」に追い回されて、

窒息しそうになってませんか?

 

この「ねばならない」、いったいどこから来たんでしょう?

 

実は「ねばならない」は周りの環境によって

自覚症状なく自分の中で育ってしまったルール

本当は手放しても何の問題もないんです。

 

「ねばならない」思考が生まれる原因

人は生まれた時には「ねばならない」ことは何一つない。

でも、周りの環境、とくに親の言ったことや態度なんかで

「○○しないと~なるからダメ」とか

「人としてこうあるべき」というような価値観を

植えつけられます。

子供の脳は素直に受け取ってしまいがちなんで、

親のルールがそのまま子供に引き継がれてしまう。

そのルールに疑問や反発を感じて、

ルールを無視して生きようと思っても

知らず知らずのうちに影響を受けている。

親が言っていたことから外れると

親から見捨てられるんじゃないかとか、

人生踏み外すんじゃないかとか。

心の奥底にねむっている恐れの感情。

問題回避のためにはがんばって

「~ねばならない」となるのです。

 

「~ねばならない」は万人共通ではない

自分が「~ねばならない」と思っていること。

それはあくまで今まで生きてきた間自分が見聞きしたり

経験したことだけで作られた掟。

だから、人それぞれルールが違うわけです。

もちろん、地域レベル、国レベルの洗脳というのもありますけど、

それすらも地域限定、絶対的なものじゃない。

ルールって、もともと快適に、より生きやすいように

つくられたはずのものだったはずなんだけど、

今の自分がそのルールでしんどい思いをしてるなら、

ルールブックを変更したっていい。

 

ルールを変更したら、親をはじめ、

これまでの人間関係がぎくしゃくするんじゃないか?

 

でも、自分がルール変更してのびのび楽しく生きたら、

周りにもいい影響を与えるはずです。

 

私の「ねばならない」脱却体験。

ここ数年スマホやPCの使用時間が増えて、

悩みの種になっていた目の周りのコリと視力低下。

どうにかしたくて

サプリやらマッサージ器やらいろいろ試したんですが

どれもいまいち。

そんな折、とある整体で

「最近目の周りのコリが取れないんですよね~

ぼやけて見えるのもどうにかならないですかね?」

とぽろっと言ったら、院長が一言、

「別に見えなくてもいいんじゃないですか?

ムリに見ようとするから余計に顔が凝るんですよ」

 

見えなくてもいいって・・・

 

そして、レイキ(手あて療法)のマスターのところに

行ったときにこの話をしたら、

「あ~僕も何本も眼鏡持っててよく見えないやつもあるけど

いろいろかけ替えて見えない世界楽しんでるよ~」

とのこと。

 

視力回復にこだわっていた自分は

なんて無駄にエネルギー使ってたんだろうと

思い知らされましたね。

 

「ねばならない」を手放してもいい :まとめ

「ねばならない」は育った環境によって作られた、

偏ったルール。

だから、もし今「ねばならない」に苦しめられているなら

それはほんとに自分を幸せにする?

自分以外の誰かのモノサシなのでは?

と考えて、自分を解放しましょう。

ルールを手放したらダメ人間になるんじゃないか、

という心配は不要です。

たとえば、

「仕事に行かないと生活が・・・」

と苦しくなってるなら、

「仕事に行かない日があったってすぐに

生活がなりたたなくなるわけじゃない」

と逃げ道を作ってあげる、そして

どっちでもいい、と考えられるようになることが重要なんです。

そうすると、にっちもさっちもいかないしんどさがなくなって

エネルギーを無駄なく建設的に使えるようになりますよ。

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました