web会議でも会議に意味ある?

web会議 ネオ・仕事観

在宅勤務が増えたことで、一気に広まった

web会議。

会議だけのためにわざわざ出社していた人なんかは

リモートになったことで負担が減ったかもしれませんね。

でも、せっかくリモートワークになったのに、

そこまでして会議やる??

・・・と思ったのは私だけ?

web会議とはいえ、複数の社員が会議の時間を

捻出するわけだから、その時間で何かを生み出すか

仕事が進まないと意味がないですよね?

 

会議の現状: 会議の前にやれば済むことが多い

会議の議題が決まっていても、

それについての準備ができてないために

前提になる情報の共有から始まってしまう。

そして、メンバーも目的意識がはっきりわかってなくて

ただ体を持ってきただけ、という感じで

座っていることも。

なので、やたらと決定までに時間がかかって、

ひどいと何も決まらずに、

次回いつ会議するかだけ決めて終わりだったり。

 

困ったことに、こういう無為な時間が長々続くと

それなりにどっと疲れるもんだから、

すごく仕事した錯覚に陥るんです。

 

本来なら、会議に必要な情報は事前に共有して、

メンバー全員がそれぞれ会議で発言する内容を

用意してのぞむものなんでしょうが・・・

 

営業会議なんてもっと悲惨です。

私は営業職が長かったので

「今月のノルマ達成のための会議」なるものに

しょっちゅう出てましたが、

「今月どうすんだ?」とか社員一人一人尋問される。

長い沈黙・・・気まずい時間が流れる。

こんな会議で午前中いっぱいつぶれるくらいなら

外回りしたほうがよっぽどいいじゃん!!

ある時私も同じ質問をされたので、

「やるっきゃないですよね?」とひとこと言ったら

それ以上何も言われなかったですがw

 

ほんとメンバー全員の時間を食いつぶしてますよね。

生産性を思いっきり下げております・・・

 

結論:最終目標は会議を無くすこと

たとえweb上だったとしても、

会議するなら時間を決めてきっちり終わらせる。

そのために、事前準備はマストです。

会議に必要な資料はきちんと目を通しておいて、

発言することをまとめておくぐらいはしておく。

会議が意味もなく延びたら、メンバー全員の時間が

ムダになりますから。

そして、さらに言えば、

今は便利なslackなんかのチャットツールも出てます。

わざわざ会議でメンバーを拘束しなくても、こういうツールを使って

情報共有、意見交換、決定までいけるんじゃないでしょうか。

 

会議が死ぬほど嫌いな人による

web会議不要論でした。

 

ではまた!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました