食事療法は○○です

健康的な食事 心の操縦法

ときおり目にする「食事が人生を変える」みたいな情報。

これ、実際に結果を出している人もいるから

真っ向から否定できないんだけど、

けっこうドツボにはまってしまう危険大です。

 

ビーガンとかマクロビとか、糖質カットとか、

まあいろいろありますが、下手に結果が出てしまうと、

これは絶対いいものだ!!となって、

すっかり妄信してしまう。

そして、その掟から外れることを極度に恐れるようになる。

 

こうなると、完全に宗教です。

 

万人にあう食事のとり方なんてありえないんですよね。

人種や体質、生活スタイル、いろんな要素が

絡み合って今の状態があるわけですし。

同じ人間でもコンディションによって

その方法が合わなくなって

しまうこともありますからね。

 

かくいう私も、母乳育児にこだわるあまり、

マクロビを徹底的に実践した過去があります。

助産婦さんがスパルタだったのでw

検診のたびに、

「あんた、何食べた??」

と尋問され、

「ほ~ら果物ばっかり食べてるから

お腹もおしりも冷え切っちゃってるよ!」

と叱られる。

助産婦さんが怖いのももちろん、母乳じゃないと

母子ともに良くないと信じ切っていたので

恐怖から玄米菜食を強行していたわけです。

 

ところが、いざ、子供が生まれたら

ぜんぜんおっぱい足りないじゃん!

 

息子はずっと泣き続けるし、

でもおっぱい出ないし!

セオリー通りやってるのに、

どうして出ないんだ?

 

今考えると、何とかおっぱい出さないと!

と自分を追い詰めすぎて、そのプレッシャーで

出なかったんだなと。

 

ちなみに下の娘は、ぜんぜんマクロビ実践しないで

産んだけど、おっぱいはしぼって捨てるほど

出てましたw

 

ちなみに、母乳育児実践中、

いろいろアドバイスいただいていた

マクロビの権威ともいえる先生がいました。

書籍を出されたり、断食プログラムを企画開催されていたりと、

ご夫婦で精力的に活動されていました。

 

子供たちがおっぱいを卒業してしばらくたったころ、

マクロビからちょっと距離を置いていたのですが、

久しぶりに先生に連絡を取ってみたのです。

すると、スタッフの方が出られて、

「実は奥さんが事故で無くなられまして」

 

え?

そんな人生の終わり方なの?

 

マクロビやってたら、長生きして

死ぬときもピンピンコロリ、

のイメージしかなかった私は

なんといって言葉を返したらいいか

わかりませんでしたね。

 

人生の幕の閉じ方も、極論を言えばいい悪いを

決めることはできないにせよ・・・

奥さんはまだまだ活躍できるエネルギーがあったはず。

 

人生への特効薬のようなものはない。

そう感じた瞬間でした。

 

ということで、まとめると、

 

食事療法はそれを厳格に守ろうとした瞬間、

宗教になります。

自分が望む人生を送るための一つの道具、

くらいに考えるのがちょうどいい。

 

あくまで自分が主体的にその方法を使う、

というスタンスで!

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました