不当な扱いを受ける環境に居続けてしまうワケ

自己肯定感の低さが生きづらさの原因 人間関係の泳ぎ方

パワハラ、モラハラ、DV、ブラック企業・・・

明らかにヤバい環境下でツラすぎるにもかかわらず、

身動きが取れない。

 

これって、単に運が悪いとかじゃないんですよね。

わたしもモラハラ・DVに悩んだ過去があるんで

わかるんですけど、原因は

 

自己肯定感の低さ。

 

子供のときに、親との関係でこの思考パターンが

出来上がると、大人になっても悪さするんですよ。

 

子供のころ、

「だからだめなのよ」

「お前にはムリだろ」

「なんであなたはできないの?」

といった否定的なことを言われていると、

自分は能力がないから受け入れられないんだという

思い込みが育っていく。

それが続くと、最終的には

「どうせ自分は価値のない存在だから

他人の要求を満たさないと生きていけないんだ」

と思うようになって、奴隷のように動いてしまう。

これ、意外と能力のある人でも陥りがちなんですよ。

 

たとえあからさまに否定されてなかったとしても、

親から拒絶されるような態度を取られるのも

自己肯定感を下げるんですよね。

 

わたしの場合、母によく言われていたのが

「あなただけよ、出来てないのは!」

で、そう言われてむくれてると、

「不愉快だよ!!」

とたたみかけられる。

あと、私の考えが母にとって

受け入れがたいものだったりすると、

3日ぐらい口きいてくれないとか。

 

もうね、

「いわれた通りの結果出さないお前は存在するな!」的な

メッセージなんですよ、これ。

 

まあ、母との関係についてはノート何冊も

書き出して、今ではこの思考パターンからも

ほぼ解放されてる感じですが。

 

だから、今ツラい状況にいる方、

何も悪くないし、運も悪くない。

そろそろ「自分は価値がないから

他人の奴隷になることでしか存在してはいけない」

という思い込みを手放しましょう。

 

これに気づいたら、もう8割解放されたも同然なんで!

反射的に今まで通りの行動をしてしまうことが

しばらく続くと思いますが、

そのたびに気づいて、でも

「またやってしまった自分はダメだ!」と

自分を責めずに

「あ、パターン発動したわ」

と認識するだけ。

これを繰り返していくうちに、

他人の言いなりになってしまう自分から

足を洗えますよ。

 

ということで、まとめると、

不当な扱いを受け続ける環境に居続けてしまうのは

自己肯定感の低さが原因。

子供のころの親との関係を思い出してみよう。

気づくことで劣悪な環境から抜けられる!

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました