意志が弱いと思う前にやること

目標達成のためには継続が大事 可能性拡張

「今度こそ自分を変えるぞ!」

と決意したにもかかわらず、始めた行動が継続できない。

 

「なんで自分はこんなに意志が弱いんだ・・・」

 

自己嫌悪に陥って、

しばらくしてまた決意しなおして、

でもまた続かない。

 

ありがちなパターンですが、

自分を責める必要なんてないですよ!

意志が強い人ってそうそういないですから。

 

何かを継続できてる人ってたいてい、

継続できる仕組みや環境をちゃんと作ってるだけなんですよ。

いつもの早起きだって、

学校とか仕事の時間が決まってるからできてるわけです。

もし学校も仕事もなかったら、

毎日同じ時間に起きれます?

 

だから、何かを続けて結果を出したいと思ったら、

仕組みや環境を整える

 

経営コンサルタントの大前研一氏も

こんなことをおっしゃってましたね。

「自分を変えるためには3つの方法しかない。

1つ目は時間配分を変える。

2つ目は住む場所を変える。

3つ目は付き合う人を変える。

もっとも無意味なのは

『決意を新たにする』ことだ」

つまり、やる気やモチベーション、

意志の力に頼るなってこと。

 

英語を勉強したいなら、

例えばお風呂を出てすぐ後の10分を

英語学習に充てると決めて、

お風呂から出た後にまずほっと一息つく場所に

教材を置いておくとか。

もう徹底的に「これだったら自然にやることになる」

環境を作るのが鉄則。

 

ちなみに10年以上続けている朝のストレッチ。

朝起きてすぐ、洗濯機のスイッチを入れたら

上半身をまずほぐします。

で、家族に朝食を出してから下半身の部を

こなし、完了したころに車で家族を送り出す、

というパターン。

これは朝の支度にストレッチを組み込んで、

自然にやれるようにしたってことですね。

今では休むと気持ち悪いです。

 

ということで、

継続するコツは仕組みと環境づくり!

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました