「やりたいことが見つからない」はバグである

やりたいことが見つからない 可能性拡張

本当の自分はこんなもんじゃない。

今の仕事は自分に向いていない気がする。

でも、やりたいことが見つからない・・・

気持ちがくすぶったまま、時間だけが流れていく。

 

「やりたいことが見つからない」とこだわってしまうなら、

こんな考え方にシフトするとラクになります。

やりたいことはなくて当たり前

やりたいことをさがすより、自分のスタイルを追求する

では、この2つを分解していきます。

 

やりたいことはなくて当たり前

小学校のころから、

「将来の夢は?」などと聞かれたり、

作文を書かされたりしませんでした?

私はほんとにな~んにもなかったんですよね。

で、親から「医者か弁護士がいいよ」といわれて

「じゃ、そう言っとくか」くらいの感じで

夢をでっちあげてました。大ウソつきですw

何かのスポーツに熱中していて、

スポーツ選手になりたい、くらいはありそうですが、

まああこがれといった感じですよね。

ここで問題なのは、

「夢を持たないといけない」

と刷り込まれていること。

そして、その夢は、何かの職業であるという

暗黙の了解がある。

「将来の夢は世界中を旅することです」

とか言っても、

「それってなにも人の役に立ってないよね?」

といった感じ。

子供のころから、「将来の夢=使命」のようなものを

見つけることを要求されてるんです。

でも、経験値や知識が少ない若いうちから

やりたいことを見つけろと言われても、

選択肢が少なすぎる。

それに、自分にぴったりの職業があるというのも幻想です。

向いている、くらいはあるけれど、

やりたいと思ってついた職業でさえ、

やりたくないこともふくまれてます。

なので、職業に自分を当てはめようとして、

「やりたいことさがし」していても、

見つかるわけがない。

いつまでたっても宿題が終わらないから

遊びに行けないみたいなことになってるわけです。

 

本当はありもしない「やりたいこと」にとらわれて、

その場で足踏みし続ける必要はないんです。

 

やりたいことをさがすより、自分のスタイルを追求する

ほんとうにやりたいことがあるんだったら、

とっくにやってますよね?

見つけようとしてる時点で違ってるんです。

だから、まずは今いるフィールドで、

自分の持ち味をみがくことに意識を向ける。

たとえば、

丁寧さだったり、分析力だったり、説得力だったり。

そういう才能の芽を、

今の仕事でどう表現し、育てていくか?と考えると、

職業という枠を超えた自己実現につながるんじゃないかと。

もちろん、そのうえでさらに成長したいなら、

転職もアリです。

 

やりたいこと=職業 じゃないとわかると

気持ちがかるくなりますよ!

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました