失敗が怖い理由と対策

失敗が怖い 可能性拡張

うまくいく自信がない、失敗が怖い。

だからなかなか新しいチャレンジができない。

そんな状態に陥っているときのヒントがこちら

「自信がない」から「○○できない」?
もしかして、自信がない、というのは「うまくいく自信がない」ってことなんじゃ? 自信がなくてもチャレンジはできます。むしろ自信がないからこそ、チャレンジすべき

 

失敗=決定的ダメージ

じゃなくて

失敗=成功へのステップ

失敗=経験値積み上げ

ととらえ方を変えようってことなんですけど。

 

それでも根深い失敗への恐怖感。理由としてはこんな感じ。

① 脳の仕組みがそうなってる。

脳は生命維持のために頑張ってるので、現状が安定してると

(たとえそれがしんどい状況であってもです)、

変化することを避けようとする働きがあります。

(ホメオスタシス=恒常性機能ってやつです)

なので、何かに挑戦する、環境が変わる、といったことは

危険な状態と解釈します。

で、いろんな理由を見つけてきてはそれを阻止しようと

頑張るわけです。

たとえば、

時間がない、お金がない、お前にはムリだと言われた、

誰かがやってみたけどうまくいかなかったと言っていた、などなど。

まあ、こう考えると、失敗が怖いのは当たり前なんですよね。

そしてさらにもう一つ。

② 失敗に厳しい日本の国民性。

これ、良い方に作用してることもあって、

日本製品の品質の良さとかサービスのきめ細かさとかに

つながってる部分もあるんですが。

ただ、ここでもやっぱり正解を求める教育のデメリットですね。

想定通りの答えにならないことへの恐怖。

学校でよくありませんでした?

間違った答えを言ったときの周りの生徒の反応が

冷ややかすぎる。

間違えた時ばかりじゃない。

明らかに正解はないような、感想・意見を言ったときでも

周りの生徒といちじるしく違う内容だと白い目で見られる。

この空気感だともう何も動けなくなりますよね。

 

私は父が台湾人のせいか、小さい頃から

この感覚をものすごく感じたんですよ。

小学2年生のときでした。

将来何になりたいですか?の質問に、

私以外の女子全員の答えが「お嫁さん」だったんです。

私はというと、ぜんぜんそんなワードは頭になかったし、

特に何になりたいとかもなかった。

でもなんか言っとかないとまずいんだろうな~、

結局、「医者か弁護士」という、

子供の頭で精いっぱい考えた無難な答えを言ったんだけど、

周りの女子がなんでみんなお嫁さんになりたいのかが

どうしてもわからなかった。もう、私以外の女子で

申し合わせたかのようで気持ち悪かった記憶があります。

で、私だけ違う回答だったので、

案の定、あの子変わってるよね、という目で

見られて異端児認定を受けることに。

 

この感覚が、何かをやろうと思うと立ち上がってしまうんですよ、

特にこの日本では。

でも、ここでめげてはもったいない。

横並び主義の日本で、人と違うことをやったら

それだけでランク上げになるんです。

たとえ、スキルが足りない状態でも

動いたもの勝ちです。

 

寝ぼけた周囲の人間にカツを入れた自分は

めちゃくちゃ影響力あるんだ、くらいに思って

足を引っ張られないことです。

 

日本人の和の文化、とか言いますけど、

成長しない人間の間でいくら和を保ってみたところで

何も生まれないですから!

 

ということで、まとめると、

失敗が怖いのは、

① 脳に現状維持しようとする働きがある

② 失敗に寛容でない日本で生きてきた

から。

失敗を受け入れて前に進むには、

脳の働きを踏まえたうえで

行動を重ねながら脳を慣らしていく

日本の横並び精神は何も生まないので

足を引っ張られないようにする。

 

やろうと思ったときがベストタイミング!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました