モチベーションを上げる必要はない

モチベーションアップ 心の操縦法

目の前の仕事に対してモチベーションがわかない。

モチベーション上げないと仕事が進まない!

・・・

そのモチベーション、ほんとに必要ですか?

一番ムダなのは、

モチベーションを無理に上げようと努力すること。

 

その理由を分解して考えるとこんな感じ。

 

モチベーションの意味~そもそもモチベーションって?

「やる気」「意欲」「動機」

だいたいこんな意味で使われてますよね。

冒頭の

「目の前の仕事に対してモチベーションがわかない。

モチベーション上げないと仕事が進まない!」は

つまり、

「やる気が出ないからやる気を出さないと仕事ができない」

ということですね?

モチベーションさえあれば何でもできちゃうような

錯覚に陥りがちなんですけど、

ここで考えるべきなのは、

  • その仕事は本当にやりたいことなのか?
  • すべての仕事にやる気は必要か?

の2点。

以下、このことについて掘り下げます。

 

その仕事は本当にやりたいことなのか?

もし、その仕事が本当にやりたいことだったら、

やる気とかいう前にとっくにやってますよね?

だから、やる気なんて必要ない。

仕事に限定しないで考えてみるとよくわかります。

たとえば子供がやっているゲームは

やりたいからやってるのであって、

モチベーションを上げないとできない、はあり得ない。

ということは、

やりたくないと思っているからこそ、

やる気出さないといけないわけです。

でも、やりたくないことにやる気出せ、というのも

酷な話。

もう、自分に鞭打って仕事をさせるのはやめましょう。

 

すべての仕事にやる気は必要か?

とはいえ、やりたくないからやらない!と

すぐに仕事を放りだせるというわけじゃないですよね。

その仕事を、

  • 誰かに頼む
  • 放っておく

のいずれも不可能なら、どうやって片付けるか?

 

答えは「瞑想」。

 

イミわかんないですよね。

つまり心を「無」にして、目の前の仕事に集中、ってことです。

とにかく淡々とこなす。

私も、20年間主婦やってますが、相変わらず家事が大、大、大嫌い。

それでも生き延びてきたのは、

家事を好きになろうとか、松岡修造のように

テンションMAXな状態を作ろうなんて考えたことがないから。

そんなことしたら、とっくにノイローゼですよ。

むしろ、「あ~めんどくせ~!!」と思いっきり

感情を吐き出してから、

「めんどくさいけどやるか。」

と切り替えて、何も考えずに手を動かす。

やる気は全くないまま、です。

 

仕事に対してモチベーションがなくても

全然OK。

やる気のない自分でいいんです。

 

モチベーションは上げなくていい :まとめ

ということで、

一番ムダなのは、

モチベーションを無理に上げようと努力すること。

そもそも本当はやりたくないからこそ、

やる気が必要だと思っている。

やりたくないことをどうしても

自分がやらないといけないなら、

心を「無」にして、目の前の仕事に集中する。

モチベーションは不要。やる気ない自分でもOK。

 

ではまた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました