「我慢強い」と褒められたら反省しよう

我慢強い 心の操縦法

「我慢強い人」ってどんなイメージですか?

自分を律している人?

感情的にならない人?

努力を惜しまない人?

ここ日本では、我慢は美徳とされることが

多いですよね。

「欲しがりません、勝つまでは」の考え方は

今でも健在です。

子供に対しても「ちゃんと我慢できてえらかったね」とか

言いますからね。

でも、何でもかんでも我慢したほうがいい、と思っていると

思わぬ落とし穴にはまります。

 

我慢を続けると自分がわからなくなる

「我慢強い」といわれる理由には、

自分の欲求を制御し続けている、

というような場合が多いですよね。

幼児のように「あれやりたい!」

「これほしい!」と騒いで、

要求が受け入れられないと暴れる、という状態から

周りの反応を予測して、自分の欲求を通すのを

我慢するようになる。

そしてそれが当たり前にできるようになると、

「ちゃんと我慢できてえらいね」となる。

そうすると、我慢するのはいいことだと

思い込んでしまいます。

逆に、

「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい!」

「好き嫌いせずにちゃんと食べなさい」

などと強要されても、自分の欲求を素直に出すことを

あきらめてしまうようになります。

我慢強くなればなるほど、自分の欲求は

心の奥底に沈み込まされて、

最後には自分がどうしたいのか、

何が欲しいのかがわからなくなるんです。

 

駄々っ子の自分を復活させよう

我慢強いといわれる人は、

たいてい自分を律するためのルールをたくさん

作って守ってきたはず。

そうでないと、駄々っ子の自分が

暴れてしまうから。

でも、厳格にルールを守っているうちに、

我慢強い自分に押しつぶされて

駄々っ子の自分が窒息寸前に・・・

でも、この駄々っ子さんは、

決して問題児ではなかったんです。

好き嫌い、個性といったような、

自分のオリジナリティーを担当する大事な役割を

果たしてるんです。

我慢強いという評価を得ながらも、

息苦しさやむなしさを感じているなら

この駄々っ子さんを救出しましょう。

 

我慢強い人ほどあえてわがままになってみる :まとめ

たいてい、「我慢強い」ことで喜ぶのは

自分ではなく他人です。

他人を優先してばかりいると、

最後には廃人になりますよ(怖)

我慢が高じると無気力に。こちらもどうぞ

 

無気力の原因になる○○
もう何もする気が起きない。 無気力な自分をなんとかしなきゃと焦るばかりで 行動が全くできない。 そんな無気力状態に陥る原因のひとつに 我慢しつづけること があります。 我慢が無気力につながる理由と ...

 

とにかくちいさなことからでいいので

自分がどうしたいのかいちいち確認していく。

何を食べたいのか?

眠いの我慢してない? とか。

そして、自分のかすかな欲求の声を拾って

叶えていく。

そうすると、だんだん本当の自分の気持ちと

つながっていくことができるようになる。

 

駄々っ子を追い出してはいけませんよ!

 

ではまた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました