しんどくならないポジティブ思考とは?

ポジティブシンキング 心の操縦法

いつのころからか支持されるようになったポジティブ思考。

もちろん、ものごとをポジティブにとらえるのは

いいことなんだけど、ずっとポジティブで居続けようと

無理し過ぎてしまって、精神病んじゃう人がいます。

「こんなことでへこたれちゃいけない。がんばるぞ」

「今度こそ上手くいく!」

そうやって、強引にプラスの方にもっていこうとする。

その裏で、

「もう疲れた・・・」

「やりたくない」

という自分が悲鳴を上げているのに

無視し続けた結果、おかしくなってしまう。

 

人生ずっとポジティブで乗り切るなんて無理ゲーですよね。

むしろ、思った通りにならなかったときに

ポジティブ思考を使うべき。

 

具体的にどうすればいいの?

順番に説明します。

 

上手くいかないことを受け入れる

無理矢理ポジティブ思考でやりがちなのが、

「絶対上手くいくはず!」

と力み過ぎること。その一方で、

「うまくいかなかったらどうしよう」

という不安が存在していて、

力めば力むほど不安も膨れ上がっていきます。

そしてその不安も無視してポジティブな状態を

キープしようとするので、

ことが上手く運ばなかったときのショックがハンパない。

 

不安はないものにしないで、きちんと受けとめる。

同じように、もし結果が悪くても、それを冷静に受けいれる。

自分にとってネガティブだと思うものを追放しようとしなければ、

気持ちがニュートラルな状態になり、

悪循環に陥らずにすみます。

 

「なぜ」じゃなく「どうしたら」と考える

そして、上手くいかなかったことについて、

「なぜだめなんだろう」と考えがち。

原因を追究し続けるのは、

過去の自分の行動を責めることになるだけ。

 

困ったことになるのは嫌だけど、仕方ない。

その後どうするかが大事。

「どうしたらうまくいくかな?」

という意識に変えましょう。

「なぜ」は思考が過去に向いてるけど

「どうしたら」で未来に思考を向ける。

そうすると、脳が上手くいくための情報を集め始めます。

「解決策は見つかるはずだ」と考えて、

一つの方法に固執せずに柔軟に試行回数を重ねていく。

ポジティブな姿勢が必要なのはこのタイミングかなと。

 

上手くいかないときは

「どうしたらうまくいく?」

と、質問の仕方を変えてみましょう。

 

効果的なポジティブ思考の取り入れ方 まとめ

ポジティブな状態で走り続けるのは至難の業。

だから、

上手くいかないこともあることを受け入れる

そして、

「なぜダメなんだろう」と考えるのではなく

「どうしたら上手くいく?」と考えて、

前向きに対処する。

困ったことが起こらない人生はありえないし、

何よりつまらないですよね?

上手くいかないことを乗り越えたら、

逆転ストーリーとして、人生のネタにしてしまいましょう!

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました