「自分を満たす」ことの前にまずやること

自分を満たす 心の操縦法

心理学やスピリチュアルなどに触れたことがあるなら

「自分を満たす」ことが幸せへの第一歩、

というような話を聞いたことがあるかもしれません。

 

「自分を満たす」ためには

  • 自分の気持ちを受け止める
  • 自分が喜ぶことをやる

のが大切です。

 

・・・とかよく言われますが。

「そう言われても自分の気持ちがわかんないんだよ~」

「自分が喜ぶことなんてわかんないよ~」

 

その反応、ごもっともです。

いつも他人や世間の常識を優先して、

自分を押し殺してきた人こそ

自分を満たすことが必要なんですが、

自分の気持ちを無視し続けてきたわけなんで

当然自分の気持ちだの欲求だのが

わかるはずもない。

 

じゃあ、どうしたらいいのか?

 

「やらなくていいこと、やりたくないことを

できるかぎりやめる」

 

これに尽きます。

 

「徹底的に」やりたくないことをやめる

本当の自分の気持ちがわからないのは、

心の中に余計なお荷物がたくさん

つまっているから。

 

「やりたくないけど誰かのためにやらないといけない」

「いやだけど常識的に断れない」

といった理由で自分を鞭打ってやりたくないことを

やり続けていると、

自分の本心ややりたいことが

埋もれてしまってまったくわからなくなってしまうんです。

 

これって、身体の仕組みと似ているところがあります。

 

腸が汚れていて、宿便がたまってたりすると、

いくらいい栄養を取っても吸収できない。

 

だから、自分の気持ちや欲求がわからないなら

徹底的に

「浄化」=「やりたくないことをやめる」んです。

 

「何もしない時間」=遊びの部分をつくる

ちなみに、「やりたくないこと」には

  • 面倒だと思うこと
  • 気が乗らないこと
  • 自己犠牲感が生まれてしまうようなこと

いろいろありますが、

とくに自己犠牲感が生まれてしまうことは

解毒する必要アリです。

ただ、これについては他人との関係性で

はじめのうちはつい、引っ張られてしまうことも。

そんなときは、

「他人に嘘ついてもいいから自分の気持ちには嘘つかない」

と決めてください。

これは、

「他人に嫌われてもいいから自分のことは嫌わずに認める」

と同義。

そうやって、やりたくなかったことを

やめていくと、「何もしない」時間が

生まれます。

その「無」の時間、ある種の「間」ができることで

やりたいことや自分の本心が

見えるようになってくるんです。

 

誰もが「自分を満たす」ことを実践すれば誰も困らない :まとめ

もしも、全員が「自分を満たす」ことができていたら、

誰かのために、と他人優先で動くことをやめても、

本当は誰も困らないはずなんです。

自己犠牲=美徳、という観念は

もう捨ててしまっていいと思います。

そうしたら、やりたくないことをやめる勇気が

生まれるんじゃないかと。

 

ではまた!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました