究極のストレス対処法

究極のストレス対処法 心の操縦法

「ストレスが病気の原因になっている」

 

結構この考え方、一般的ですよね?

経産省の”健康経営”推進(圧力?)で、

企業も従業員のストレスチェックとか

してるみたいですが。

 

ストレスチェックテストってやってみたこと

あります?

わたしもいちおうカウンセラーの端くれとして

ストレスチェックシート持ってますけど、

まったく使ってないです。

ちなみにこんな感じのものです。

・・・

あなたの最近の状態を思い起こしながら下記の15個の質問に答えてください。

当てはまると感じるものにチェックをしましょう。

  1. 体がだるくて疲れやすい
  2. 最近思い通りにいかないことが多い
  3. いくら寝ても寝たりない感じがする
  4. ついイライラしてしまう
  5. やる気が出ない
  6. 人と話すのが億劫である
  7. 最近、風邪をひきやすい
  8. 食欲がない
  9. お酒の量が増えた
  10. 何かショックなことがあると一人で抱え込んでしまう
  11. 考えがうまくまとまらない
  12. ちょっとしたことでも腹が立つ
  13. すべてを投げ出して逃げたくなる
  14. 目覚めが悪い
  15. 怒りの感情をためこんでしまう

・・・

チェックが多い人はストレスたまってると自覚しよう、

ってことなんでしょうけど、うちの娘(JKです)

9番以外ほとんど毎日上記の苦情をのたまわってますよ?

どうすんの?

で、これって

「ストレスたまってる自分は病気予備軍」

だと認識させられて、よけいに心身をむしばまれる

だけなんじゃないですかね?

 

そういえば、3年ぐらい前かな、

メンタリストDaigoさんが講演で

こんなこと言ってましたね。

 

スタンフォード大学の先生によれば、

「ストレスは体に悪い」

➡そう思うことが悪い。

ストレスに対する考え方が問題。

実験で、強烈なストレスを与えたグループの中の一部に

ストレスを感じなかった人々に比べて

免疫力上昇、脳が成長し寿命が延びている人たちがいた。

彼らはストレスを力に変えていた、つまり

どれくらいストレスを感じたかを意識するのではなく、

そのストレスを乗り越えて手に入れたものは何かを考え、

成長に変えられたのだ。

そのように考え方を変えることで

ストレスホルモンの種類が変わっていた。

一般的にストレスホルモンといわれ老化やうつを誘発する

コルチゾールではなく、

アンチエイジングの効果をもたらすDHEAが

出ていた。

 

マイナスと思われることでも、プラスの側面を見出すことで、

乗り越えることができるってことですね~

 

ということで、

究極のストレス対処法は、

ストレスは成長の材料ととらえよう!

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました