悪循環に陥らない秘訣とは

悪循環 心の操縦法

お盆期間中ということで、

亡き父に思いをはせていたんですが、

父はどんな時も笑っている人でした。

16歳で台湾から日本に渡り、

第二次大戦で死の淵をさまよったのち、

何もない状態から事業を興しました。

何度となくピンチに陥りながらも乗り越えられた理由。

今思うに、それは

「深刻にならない」

この一言に尽きると思っています。

 

失敗・ピンチも織り込み済みの人生

思えば、父はうまくいかないことがあっても

「人生、トライ&エラーだからね」

と、いつも飄々としていました。

父は貿易会社を経営していたんですが、

私が小学生のころ、

売上金をフィリピンまで回収に行ったところが

(当時は集金に行ってたんですね)ホテルで

盗難にあってしまったんです。

聞くところによると、

ホテルのボーイとポリスが結託していたらしく、

泣き寝入りだったそう。

でも、帰ってきた父は、

「いやあ参ったよ~」の一言で終わり。

なんて運が悪いんだろうとか、

何とか取り返そうとあがくとか、

そんなことは考えず、さっさと次の取引のことに

意識を向けていたんです。

はるばるフィリピンまで代金回収目的で

出張したのに、目的を果たせなかったら

相当凹むのがフツーだと思いますが。

戦争という極限状態を経験していたことも

あったんでしょうが、

父の中では、マイナスも引き受けて当たり前、

という意識があって、

無駄なあがきをしなかったからこそ、

30年以上も海外相手に商売を続けられたんだと思います。

 

深刻にならずに一歩引いて自分を見る

自分にとって不都合なことが起きた時、

深刻になるというのは、

その場面に完全に入り込んで

重たい空気感の中にとどまってしまうこと。

そうすると、感情もネガティブな状態で

固定されてしまうので、

その後も悪い現象を自ら引き起こすことになります。

悪循環にはまったな、と気づいたら、

まずはその悪い現象をなんとかしようと

悪あがきせずに、客観的かつ素直に

受け入れるのがコツなのかなあと。

ある意味他人事のように、

「こんな結果になっちゃって笑える~」

くらいの軽さでいた方が

抜け出すのが早いんじゃないでしょうか。

 

悪循環を避けるにはネガティブな現象に意識を向け続けない:まとめ

困難に直面すると、

「どうしてこんなことになるんだろう」

「何とかしてこの状態から早く抜け出したい」

そんな思いから、原因を追求したり、

焦っていろいろと行動したりしがち。

でもその行動はネガティブな状態にいることが

前提になっているので、

ネガティブを拡大してしまう結果に。

自分にとって大事なことほど、

深刻になってしまいますが、

あえて、問題と距離を置いて、

他人事として受け止めるのが

傷を広げないコツだと思います。

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました