転職しようと思ったときの注意点

転職活動のコツ 転職

終身雇用は完全オワコンの時代。

もはや転職は当たりまえ、って感じですよね。

 

基本的には、視野が広がるし経験値も上がるので

転職はどんどんした方がいい(もちろん私も転職経験者)。

でも、事前にやっておいた方がいいのが

「転職動機をうそいつわりなく徹底分析する」こと。

企業向けに書く志望動機じゃないですよ。

 

① なぜ転職しようと思ったのか?

② 転職することでどうなりたいか?

について、キャリアベースだけじゃなく、

気持ちベースでも正直に書きだします。

 

たとえば、

① なぜ転職しようと思ったのか?

だったら、

  • 職場の人間関係がイヤだ(特に誰々のこういうところがイヤ)
  • 給料に不満
  • 仕事が自分に合ってない気がする
  • もう十分にやり切った感がある
  • ここで学ぶべきことはもうないと感じる

② 転職することでどうなりたいか?

であれば、

  • 今の人間関係のわずらわしさから解放される
  • 自分のスキルを認められて給料アップ
  • さらなるスキルアップができる

 

こうやって書いてみると、転職が自己成長につながるのか

問題回避になっているのかが見えてきますよね?

 

もちろん、体がぶっ壊れるくらいのブラック企業だった場合は

さっさと逃げるべきですが(じゃないと命にかかわります)。

 

でも「転職=ラクになれる」とどこかで思ってたら要注意。

とくに、人間関係で今の職場がイヤだからという理由で

転職すると、転職先でまた同じような問題に悩むことになります、

かなりの確率で。

その場合は転職活動に入る前に、

自分の心のクセに気づく必要があるんですよね。

 

たとえば、威圧的な上司から解放されたい場合は、

上司に威圧的な対応を取られたときの自分の感情を

思い出してみる。

「こっちだって言いたいことあるのに・・・」

でも主張はせずに折れて、言うことを聞いておく。

そんなときの感情ってどんな感じですかね?

屈辱感とか無力感とか。

それって、過去、とくに子供のころに

味わった感覚だったりしませんか?

 

そして、その反応がパターン化して、

どうせ自分は軽く扱われる存在、という思い込みが強化される。

こういった心のクセに気づいて解消しておかないと、

どこに行っても同じ現象を繰り返してしまうわけです。

 

というわけで、まとめると、

転職のためのキャリアの棚卸の前に、

自分の心のクセを見直して、メンタル面も軽量化しておく。

これが転職成功のための裏ポイント!

 

ではまた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました