転職に迷う時の自己分析4ステップ

転職に迷う 転職

転職するべきか、とどまるべきか。

 

転職は人生における重要な選択だと

思えば思うほど、

なかなか決断できずに迷ってしまう。

 

そんな足踏み状態が続いているなら、

今の自分の意識がどうなっているのかを

整理してみると、停滞感がなくなって、

次のステップに進めるようになります。

 

転職が自分に与える影響を可視化する4ステップ

転職を考えているのに迷うのは、

転職することに対して何かしらブレーキをかけるものが

あるということですよね?

この部分をきちんと認識することが

決断への第一歩です。

 

以下のことを紙に書きだしてみます。

① 転職することのメリット

② 転職しないことのデメリット

③ 転職することのデメリット

④ 転職しないことのメリット

認識できていないことが多い部分は③と④。

これを可視化することで、

転職に迷っている自分の状態がわかります。

では、順番にいってみましょう!(あくまで例ですからね)

 

① 転職することのメリット

  • 自己成長できる
  • 給料が上がる
  • 通勤が楽になる
  • 人間関係がよくなる

② 転職しないことのデメリット

  • 能力が発揮できない
  • 給料が上がらない
  • 通勤がきつい
  • 上司がイヤだ

 

・・・

①の逆が②であることも多いですが、

思いつくまま書き出します。

 

③ 転職することのデメリット

  • 新しい人間関係の中でうまくやっていけるか不安
  • 新しい職場での仕事の回し方を覚えないといけない
  • 今の職場よりも仕事がきついかも

④ 転職しないことのメリット

  • 慣れているからラク
  • 転職活動しなくていい
  • 今の生活が維持できる

・・・

こうして書き出して、じっくり眺めてみます。

動けない理由がちゃんとあるんだと気付くことで

意識の変化が始まります。

 

転職する/しない どっちの選択が正しいということはない :まとめ

この作業でわかるのは、転職してもしなくても、

自分にとってのメリットとデメリットの両方が

存在してるってこと。

だから本当は、どちらが正しいとか、

自分にとって有利とかはないんです。

だとしたら、どちらを選択するかは問題じゃない。

だから迷う必要もない。

・・・ということがだんだんと意識に浸透してくると

選択することが怖くなくなる。

そして行動にうつせるようになっていく。

 

転職してもしなくても、自分にとってデメリットがある。

だから動けなかったんだ。

それをわかったうえでの選択は、

どちらであってもベストです!

 

ではまた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました