【自省含め】相談したら悩みが膨らんでしまう理由。

悩み相談 心の操縦法

悩みを相談したところが、

かえって気持ちが落ちてしまった・・・

これ、特に近い間柄の相手に相談した時に

起きやすい現象かなーと思うんですが。

私自身も、たまに娘に指摘されます(汗)

クライアントの方にうっかりやってしまわないよう

自省も含めて書きます。

【意外】相談に対するイケてない対応。

それは、

「提案」と「分析」。

この2つについて考えます。

 

悩みを相談する人は実は「提案」「分析」で傷ついている

相談に対して「提案」や「分析」をするのは

一見有益そうな感じがしますよね。

良い提案であれば、悩みが早く解決できそうだし、

問題の分析をきちんとすれば、

良い解決策が導き出せそうな気がします。

頭ごなしに指示や命令をされているわけでも

説教されてるわけでもないですし。

 

でも、実はウラでこんなメッセージも伝わっているんです。

 

「○○した方が良いんじゃないですか?」(提案)

→ 「あなたは答えを持ってないし、

答えを導き出す力がない」

「だから、私が足りない部分を補ってあげます」

相談してきた人を暗に否定しているうえに、

無意識のうちに上下関係ができてしまってます。

さらに、これを繰り返していると、

相談してきた人は自分では答えが出せないと思って

誰かに答えを求めるクセがついてしまうことも。

 

「○○になったのはあなたが~だからなんじゃないですか?」(分析)

→ 「あなたが悩みを抱えているのは

あなたに問題があるからだ」

問題児扱い。これも相談した人を否定することに。

 

相談を受けたほうは、良かれと思って

言っているつもりなんだけど、

提案も分析も、

相談してきた相手の解決能力を

信頼してないからやってしまうんですよね・・・

相談してきた人は、見事にそれを感じ取って、

  • 自分は理解されてない
  • 自分の気持ちを受け入れてもらえない
  • 自分には力がない、ダメな人間だ

という思いが強くなってしまう。

そしてそのアドバイスに抵抗を感じてしまうわけです。

これでは相談した意味がないですよね。

 

相談を受ける側に必要なもの :まとめ

本当は、だれでも自分の中に解決策を持ってます。

だから、相談された方は、

相談してきた人の力を信じて

ただ答えが自然に出せるように促してあげるだけで

良いのかなと思います。

悩みを抱えているときって、

頭の中がごちゃごちゃになっていて

整理ができなくなっている。

感情や思考を整理して、スムーズに流れるように

サポートするのが相談を受ける方の姿勢なのかなと。

 

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました